ハスキー
柴犬
シェパード
 

石鹸について

最後はブラッシング

犬用のシャンプーはちゃんと選ぶことが必要です。そうしたないと犬の体調が悪くなりかねないからです。
そうしたことも考えられている石鹸シャンプーというのもあります。ふつうの犬のシャンプーは成分表示がないので、安心して使うことが出来ないということを思っているかもしれません。
ですが、ネットなどで、探すと犬の為につくられているシャンプーを必ず見付けることが出来ます。

その無添加の石鹸を作っているところはペットの自然食も作っているのです。

自然から作られたもの

眠くなった犬

犬をお風呂にいれるときシャンプーは必要な物ですが、犬用のシャンプーは成分表示がなされてないので、何を使ったらいいかわからないと言う人がいるのではないでしょうか。
そんな人のために作られたシャンプーがあります。それはオーガニックの無添加シャンプーです。
実はこのシャンプーは犬が食べても平気なもので、界面活性剤が使われていないのが特徴のシャンプーなのです。

犬用のシャンプーには自然はと言われるものが中々なく、成分の表示をしていないので、界面活性剤が使われていても、無添感度と書くことが出来るのです。
合成界面活性剤には毒性があります。その毒性はアトピーや手荒れや湿疹やかぶれの症状我でてきます。また、それが体内に吸収されてしまうと肝臓でも分解することが出来ずに肝臓障害や発がん補助などの病気を引き起こしてしまいます。

合成界面活性剤は皮膚膜や角質層などを破って体内に入ってきます。血液中にも染みこんでその染み込んだ物質が、体の全体に広がってしまいます。
また残留性があり、通常のすすぎだけでは除去することが出来ず、シャンプーするときでも全部を洗い流すこともできないで、皮膚にのこってしまい、毛穴から体内に吸収していきます。

こわい現実

ドライヤーの準備

犬をお風呂にいれるとき犬用のシャンプーを使うか人がたくさんいるでしょう。
また、犬用のシャンプーを買うときになぜ人間のシャンプーよりも高いのか疑問に感じている人も多いと思います。
犬と人間の毛に違いってあるのか疑問に感じているかもしれないですが、そうではなく、犬と人の毛は同じタンパク質の成分でできているのですから、違いはないのです。

人間用のシャンプーの成分表示は法律で義務付けられているのですが、犬用シャンプーには成分表示の義務がないのです。
無添加等と表示されているキャッチフレーズがありますが、安心だとはいえません。なぜなら名を知られていないメーカが作れるものではないからです。
天然成分だけで洗浄効果が出るシャンプーをつくるのは、大企業にしかできません。

それは外見の容器を見栄えの良い物にしていて、中身を極端に安くしていて、これなら消費者が安心して買えるだろうと言う戦略から来ています。
これなら小さい会社でもつくることが可能だし、個人でも作って販売が可能なのです。
人間というのは安すぎると不安がって買わないけど高いと成分表示を見ることもしないで安心して買ってしまうという不思議なところがあります。

犬用のシャンプーが人間のより高いのは特別に作られたわけではなく、消費者の目を欺くためなのです。

お風呂の入れ方

シャンプーの用意

最初に犬をお風呂に入れるときに慌てないように必要なグッズを用意することが必要です。
毛をとくブラシやシャンプー、リンスやタオル、ドライヤーです。時間を短くするためにも使用しやすい位置にグッズをおいとくといいでしょう。

犬の緊張をほぐすために体を撫でながら名前を呼びかけたりするといいです。犬は飼い主の声などを知っているのでやさしく声をかけてあげながら、スキンシップをして気持ちを楽にさせてあげてください。
体を触ることで犬の皮膚の状態や熱があるかどうかが分かります。それが終わると体全体の毛をプラッシングすることです。
ブラッシングしないと毛玉ができている可能性もあるので、お風呂を入れる前に毛玉をきちんとほぐさないといけません。

風呂をいれた後に犬の毛にできている毛玉をほぐそうとすると水を含んでいる毛玉が硬くなってしまうので、ほぐしにくくなるのです。
ブラッシングをするときはこうした手抜きはダメです。
次にシャワーを当てる際は必ず体に近いところかかけていきましょう。シャワーを体に密着させるように当てて、犬が驚かないようにシップの方からお湯をかけてあげるといいでしょう。
犬の肛門腺を絞って肛門腺にたまっている分泌液を出してから、そのあと、顔と耳と鼻をさっと洗います。
シャンプーで洗い終わったら、リンスをしてから洗い流してブラッシングしながらドライヤーをかけて乾かしてあげると毛玉が出来にくいです。